Rörstrand Mon Amie

ロールストランド モナミ

Rorstrand Mon Amie

Mon Amie (モナミ) 1951年に女性デザイナー Marianne Westman (マリアンヌ・ウェストマン) がデザインした作品です。彼女はこのパターンを、雨の降る夏至の夜に咲くローズマリーからインスピレーションを受けデザインしたそうです。当時まだ21歳であった彼女のデビュー作でありながら、Mon Amie は Rorstrand (ロールストランド) の代表的なシリーズとなりました。

美しいデザインとフォルム

フォルム

このシリーズで、彼女はデコレートと共にフォルムまで手がけました。この Mon Amie のフォルムの原型は、後に彼女が手がける Party (パーティー) Mimosa (ミモザ) などの作品に継承されていきます。

ティーカップ&ソーサー

魅力

デザインの専門学生時代に、日本の藍染の美しさを調べていた私にとって Mon Amie は、妙に惹きつけられる存在でした。羽ばたく蝶のように舞う青い花が、面を作ることにより感じる深い “藍” が、藍染の美しさに共通するものがあると感じたからだと思います。青と真っ白な陶器のコントラストがとても美しく、飾っておくだけで清楚で可憐!そして凛とした空気を漂わせます。Mon Amie が永きに渡り日本のコレクターに人気があるのは、私のようにどこか懐かしさを感じるからではないのでしょうか。
Mon Amie は日本と北欧の美意識に共通点があることを、私に気づかせてくれた作品でもあります。

プレート バンブーティーポット コーヒーカップ&ソーサー コーヒーポット ティーポット クリーマー シュガーポット ティーカップ&ソーサー ティーカップ&ソーサー

出会い

私が北欧の世界に魅了されるようになったのは、この Mon Amie のポットに出会ったことがきっかけです。
引越しを機にずっと欲しかったポットを探し始めたのですが、北欧ブーム以前だったのでいくら探しても見つからず...。もぅすでに遅しと諦めていたころ、やっとの思いで探し当てたのは、フィンランド在住の日本人が経営するネットショップでした。なんとそのショップも1ヵ月後には閉店... そんな事実に「今しかない!」と運命を感じた私はすぐに購入を決意。それからずーっと、この Mon Amie のポットは、我が家のリビングのいちばん目立つ場所にあります。
今では Mon Amie にとどまらず、たくさんの北欧食器が我が家に集まってきました。