Rorstrand Eden

ロールストランド エデン

Rorstrand Eden

1960-1972年に製造された Rorstrand (ロールストランド) Eden (エデン) は、北欧ヴィンテージ FUN! の中でも特に人気が高く、本国スウェーデンでも今だに人気の高いシリーズです。大胆で印象的な青い林檎と、繊細に表現された葉とのコントラストが心地の良い素敵な作品です。
人々を魅了し続ける青い果実は、ドイツの女性デザイナー Sigrid Richter (シグリッド・リッチャー) の代表作で、1960年に彼女の手によってデコレートされました。
近年では Rorstrand 創業290周年記念して、ファン待望の 復刻品 がリリースされ、注目を浴びています。

カップ&ソーサー

瑞々しいハンドペイント

ゴム版でプリントされた林檎の輪郭と葉の葉脈の上から、鮮やかなブルーとグリーンがハンドペイントによって瑞々しく色付けされています。
特にヴィンテージは、ひとつひとつ手描きで描かれているため、それぞれに個性があり、出逢う作品それぞれに運命を感じることができます。
数ある Eden (エデン) シリーズの中でも、カップ&ソーサーのソーサーだけに深いブルーが採用されているところが興味深いですね。きっとプレートの上に置かれた林檎をイメージした、彼女の遊び心だったのではないでしょうか。

デザイナー

Gustavsberg (グスタフスベリ) のデコレターをしていた Sigrid Richter (シグリッド・リッチャー) は、1950年代半ば Rorstrand (ロールストランド) に籍を移しています。その後、1960年に彼女の代表作となる Eden (エデン) を発表します。
Eden のデザイナーとして、Mon Amie (モナミ) を手がけた Marianne Westman (マリアンヌ・ウェストマン) の名が誤って伝えられてしまうことがありますが、Eden が誕生した1960年に Marianne Westman はアメリカを旅していたので、Sigrid Richter が手掛けたのは間違いないようです。

プレート

名前の由来

私の調べた限り、名前の由来が “エデンの園” であるという資料は見つかりませんでしたが、アダムとエヴァが食べたあの禁断の青い果実。その世界を、食卓に上手に溶け込むように表現された作品だと思います。

永い沈黙を破り、復刻が決定

Rorstrand (ロールストランド) 創業290周年を記念し、過去40年に生産されたパターンの中からファン投票が行われ、世界中のファンによって1位に選ばれた Eden (エデン) は、製造終了した1972年からの永い沈黙を破り、見事復刻が現実になりました。

クタングルプレート 19x15cm プレート 23cm ボウル 60ml ナプキン マグカップ 340ml ボウル 30ml

iittala Teema との相性抜群

Rorstrand (ロールストランド) は、1726年にスウェーデン王室御用達の釜として創業したテーブルウェアブランドで、2001年に iittala (イッタラ) の傘下になりました。この度リニューアルされた Eden (エデン) のプレートは、iittala の Teema (ティーマ) のプレートと同じフォルムなので、Teema ブルー との相性は抜群です。同じ食卓に並べると、ヴィンテージのカップ&ソーサーのような組み合せを演出することができます。

teema プレート 26cm プレート 23cm 林檎